読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビな日々に花束を

好きなものと、セルフマネジメントと日々と思考

生まれて初めてフリマに出てみたらいい事づくめだった フリマのススメ 〜当日編〜

コト
さて、前日までの準備で色々と得るものがあった訳だが、ここからが本番。いよいよ当日です。

当日の体験談と、出店で得られる価値

まずは場所取り

これは結構重要だと思うんだけど、フリマによって場所取りの規定が違うかもしれないのでこれも事前に調べといたほうがいいかも。僕が出たトコでは、当日の受付順に早い者勝ちで場所を選べる制度だった。
 
ちなみにその日はめっちゃくちゃ寒くて、(2017年1月8日)しかも雨降りそうなギリギリの状態だったせいか、出店者がかなり少なかった。
念のため少し早めに現地に着いてたけど、全くその必要はなかった。
区が運営するフリマなのだが、何しろユルユルで。受付開始時刻を30分過ぎてからの主催者登場!おかげで気楽にできましたが(笑)
 

出店者とは積極的に交流を持ち、情報交換を

売る事だけじゃなく、人との交流もフリマの醍醐味。
僕の隣に陣取ったおばちゃん達は、人と話すのが楽しくて長年やってると仰っていた。そう、これこそフリマにおいて、お金に換えられない価値の大きな要素だ。
 
僕は職業柄、小さな職場で少数の仲間達としゃべる以外、人としゃべる機会なんてほとんど無い。だから全然知らない、業種も違う人達としゃべることがかなりの刺激になった。
 
とりあえずほかの出店者さん達とはちゃんと挨拶して、交流を持ったほうがいい。長年やってるベテランの方が多いので、役立つ情報を教えてくれる
僕は近くでやってる別のフリマ情報と、盗難対策や、困ったお客さんに遭遇した時の体験談や対策について教えてもらった。
 
仲良くなっておけば情報交換だけじゃなく、出店中に困ったことがあった際、お互い助け合える。そういった交流から、新たな人脈が生まれ、新しい仕事や趣味につながる可能性だってある。初対面の人としゃべることで、脳みそも活性化する。
 
出店者だけじゃなく、お客さんとの交流もその点では同じだ。だが僕は自分が客の立場の時、あまり店員さんに話しかけて欲しく無いタイプだ。だからお客さんには基本こちらからは話しかけない。
僕が次回出店する時に改善しようと思ったのは、その匙加減だ。お客さんが1つの商品を手に取り、長い間じっくり見ている事がある。そういう時も僕は話しかけなかったのだが、それはやめた方がいいかもしれないと思ったのだ。
商品を手に取り色々と観察しているという事は、その品物について多くの情報を得ようとしているという事だ。だが知りたい事や疑問点があっても向こうから話しかけてこないで、そのまま去ってしまう人もいる。こういうお客さんにはこちらから話しかけた方が、その物を買ってくれる確率が上がるかもしれない。
 
売り手のしゃべる、しゃべらないのスタイルは人それぞれ。だが相手の雰囲気と状況を読み取って、臨機応変に対応していくことも重要だと思った。
 

開始直後が1番売れるが最も危険な時間帯

受付が済み、場所を確保して出店の準備をし始めた。
お客さんの姿など全然見えなかった。何しろ状況が悪い。年始のクッソ寒い中、午前中から来る人なんて居ないだろう。実際、ベテランのおばちゃん方も、「今日はお客さんが全然居ないね〜!」と言っていた。今日は全く売れないかもしれない。そう思いながら、準備時間にビニールシートを敷いていた。
 
するといつの間にやら人がわらわらと集まっていた。
シートを敷き終わり、品物の入ったボストンバッグをその上に置くと、すでに10人ほどのお客さんに囲まれていた。怖い。ちなみにフリマ開始時間まであと30分ほどある。準備している様をめっちゃ見られてる。全員が、バッグの中から何が出て来るのか興味津々の目でこちらを見ている。嬉しいけど怖い。焦る。
 
そして僕のすぐ隣で待機していたお客さん達が、僕のバッグからチラ見えしてる商品に食いつき、見せてくれとおっしゃる。オーケーしたが、さらに焦る僕。
彼らは4人組で、全員中国の方だった。おそらく中古品の買い付けに来ているのだろう。
 
売り物を並べるより先に、持ち帰り用の袋を準備しようと思っていたが、これはもう品物を出していった方がいいだろうと思い、どんどん出していく。
出したそばから商品を手にとって見るお客さん。凄い勢いで準備が追いつかない。その状況でどんどん話しかけて来るお客さん。ついさっきまでの閑散とした景色からは程遠い光景だ。
 
その時まで僕は、たった2畳分ほどの広さに目が届かずに万引きされることなんて、ほとんど無いだろうと思っていた。しかしこの時に「あるわ」と思った。
その日盗まれる事はなかったが、複数のお客さんを相手にしていると全く目が届かない体験してみないとわからないこともあるのだ。
 

開店直後が1番お客さんがやって来る。

開催を事前に知っていて来る人ばかりだからだ。僕はその時、友人と2人で出店していた。しかし開店直後は2人いても全く目が届かなかった
 
隣で売ってたおばちゃんが後で教えてくれた。品数が多い時は目が届かないので、複数人で売った方がいい1人で出る時は品数を少なくした方がいいということだ。勉強になった。ありがとうおばちゃん!
 

売れる楽しさ

開店直後(実際には準備時間)のカオスの中、数点が売れていった。100円以下の物でも、売れたらやはり嬉しいし楽しい
そして意外な物が売れたりする。値段設定がちょっと高いかなーと思ってたものが売れた。安いけど使用感があって無理かなーと思ってたのが売れた。季節外れの若いメンズ向けアロハシャツを、おばちゃんが気に入って買ってくれた。人それぞれの価値観があって面白かった。
 
結果的に自分の売上げ金額は1,250円。出店料と交通費を差し引いても黒字になった。
初めてのフリマ、年始の極寒で客足の少ない悪条件の中、僕的には予想以上の出来だった。
そしてそれ以上に得られる別の価値が、僕の中では大きかった。まず部屋の中がキレイになる相手の立場になって考える力が付く。コミュニケーション能力も鍛えられ、マーケティングの基礎も学べる。共感力が養える。予想しない値切り交渉にも即座に対応するアドリブ力と判断力も鍛えられる。
クソ寒いのにおばちゃん達は明るく元気で、ユーモアを忘れない。その精神も見習いたいと思った。
 
人と人との生のやりとりができるフリーマーケット。やったことない人は1度やってみて欲しい。お金以上の価値を得られるはずだ。

 

 

生まれて初めてフリマに出てみたらいい事づくめだった フリマのススメ 〜前日までの準備編〜

コト

つい先日、僕は生まれて初めてフリーマーケットに出た。

 

dayz.hatenablog.jp

 

☝の記事でも触れたが、今年は貯金を1つの目標として掲げている。その一環としてだ。フリマなんて大して売れないだろうし、本当に小銭稼ぎ程度だろうが、ものは試しなので期待せずにやってみようという感じだった。しかし!やってみたらお金以上の価値があったのです!

f:id:PrimeNumbers:20170114143627j:plain

 

 

前日までの準備と、そこで得られる価値

 

まずは出店できるフリマを探し、必要ならば予約

 

これはネットで検索するのが早いだろう。自分が荷物を持って行ける範囲で、都合のつく日にちにやってるものを探そう。その際調べておくことは、

①参加資格

②出店料がかかるか否か

③事前予約が必要かどうか

④禁止事項

⑤出店スペース

だ。フリマによってそれぞれ違うので、必ず調べておこう。

 

①参加資格について

運営が市区町村の場合、そこに住んでいる人じゃないと参加できない場合があるので要注意だ。

 

②出店料について

これもフリマによって様々だ。僕の知ってる限りでは、無料のところもあれば、2,000円というところもあった。無論出店料が高いほど、売上げを伸ばさないと稼ぎにはならないので、そのへんも考慮しよう。

 

③事前予約が必要かどうか

僕がこの前出店したところは、当日の開店前に現場で、名前と連絡先を書けば参加できるというものだった。しかし場所によっては、予約の締め切り日が決まっている所がある。人気のフリマは、そこからさらに抽選で選ばれるというパターンもある。

 

④禁止事項

フリマでは、売ってはいけないものが決められている場合が多い。1番多いのは生き物だ。これはほとんど全てのフリマに共通だろう。その次が飲食物だ。他にもあるかもしれないのでチェックしよう。

 

⑤出店スペース

僕が参加したフリマでは、1店舗約2畳分くらいの大きさだった。フリマによって違うかもしれないので、調べてその広さに合うビニールシートを準備しておこう。

 

これ以外にも各フリマでのルールが決められているので、マナーを守るためにもチェックしておいた方がいいだろう。

そしてフリマ探しと同時に、商品を持ち帰ってもらうための袋、それからお釣りの準備も忘れずにしておこう。当日までにある程度の小銭を確保しておくのだ。直前になって焦らないようにしたい。

 

f:id:PrimeNumbers:20170114143640j:plain

 

出品するものを準備する

いよいよここから楽しい時間が始まる。

 

家の中のいらないものをかき集める

いらない物を集めるとなると、必然的に掃除をすることになる。面倒臭いと思うかもしれないが、お宝になるかもしれない物を探すための作業なので、ワクワクしながらできる。

フリマに出るための準備段階で、楽しみつつ家の中がキレイになるのだ。いらないものが無くなるので部屋にスペースができる。心の状態はそのまま部屋の状態に表れると言われるが、この時点で心に余裕が生まれキレイになったということである。やったぜ!

 

さて、いらないものをかき集めて次にすることは、いよいよ…。

 

品物に値段をつける

まずは値段を書くためのシールを買ってこよう。100均にいろんな大きさのものが売っているので、自分の商品の大きさに合うものを買おう。その時の注意点だが、必ず貼ってはがせるタイプのものを選ぶことだ。

出店時、値下げしてシールを張り替えることになった場合にサッと替えられる。何よりもモノ自体にノリが残らないので、お客さんに不快な思いをさせずに済む。

値札用シールを調達したら、いよいよ商品に値段をつけていく。これが結構楽しい。売れるのか売れないのか、ワクワクしながら考える。あまりに高値をつけすぎても売れない。かといって安く叩きすぎてももったいない。結構頭を使う作業だ。

ネットで同じものの中古品を探し、どれくらいの値段がつけられてるのか調査してみるのもいいだろう。それらを踏まえて自分なりに値段をつける。

セット売りにするか?単品でいくか?オマケを付けてちょっと高値でいってみるか?ウリになる目玉商品はどれにするか?人は一体いくらだったらこの商品を買うだろう?どこに値札を表示したら見やすいだろうか?

などなど、値札付けには、マーケティングの基礎が詰まっている。相手の立場になって考える能力共感力が養われる。子供の教育にも最適だ。

 

ディスプレイを考える

この時に考える事は2つ。

①お客さんにとって見やすく、手に取りやすいか

②盗難対策

 

①はやはり、相手の立場になって考えてみることが大切だ。売り上げにも多少関わってくるかもしれないので工夫しよう。

そして同時に②も考えておかなければならない。残念なことに、商品をこっそり盗んでいく奴はいる

フリマとなると、普通のお店で盗むよりもハードルは低いし中古品だしと、手を出しやすい。なので、盗まれても構わないような物はお客さん側。盗まれるのはちょっと…と思う目玉商品などは売り手の近くに置いたりと、工夫してみるのがいいかもしれない。

 

f:id:PrimeNumbers:20170114143621j:plain

 

前日までの準備で得られる価値まとめ

さて、以上が前日までにやっておく大体の準備だが、すでにこのような効果が生まれている。

  • 部屋がきれいになる
  • 心がきれいになる
  • マーケティングの基礎が学べる
  • 相手の立場で考える力がつく
  • 共感力が養われる

特に僕のような、あまり人と関わらないインドアな仕事や生活をしている人にとっては、普段使わない脳みその領域をバンバン使って、かなりの脳トレになる。これだけでも僕にとっては画期的だった。

 

ここまで来れば大体の準備はオーケー。あとは当日の天気がいいことを願うだけだ。

いよいよ本番。

 

フリマ当日編に続きます!

 

 

 

ブログを始めたのでとりあえずお題をこなしてみる

思考

はじめまして。ジュウイチと申します。今年から新たにはてなブログを始めてみました。

とりあえずテスト投稿もかねて一番最初の記事では今週のお題をこなしてみます。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

だそうです。

うーん…やりたいことはいっぱいあるけど、毎年欲張りすぎて大体が実行できなかったり、中途半端に終わるのが僕の常…。とりあえずは一通りやりたいことをリストアップしてみよう。

 

1:ブログを書く これはもうすでに始まっているので…後は続けられるかどうか。僕は文章が下手くそだし書くのも遅いので、更新はマイペースになるかもしれないが…。とにかく第一歩は踏み出した!

 

2:貯金 なんだかつまらない内容が2つも続いたが、これは重要だ。と言うのも僕は昔から貯金が苦手だ。これではいかんなと思いつつ無駄遣いをしてしまう日々。それに終止符を打つべく、積立定期預金を始めたのが去年の12月。それにプラスして、今年は節約生活を実行。自制心が必要だ…‼

と言いつつ今欲しいものは、今年発売されると噂のiPad pro2とiPhone8。いきなり前途多難だぜ…!

 

3:筋トレ これは毎年やってるので今年も継続したい。具体的には体脂肪率マイナス4%を目標に( ・`ω・´)

年末と正月に3%ぐらい増えたからね…。

 

 4:健康的な生活 健康を突き詰めすぎて不健康になる。“不健康な健康オタク”から抜け出したい。

僕は今まで数々の病気と戦ってきた。ゆえにこの項目が一番の重要事項と言ってもいい。健康がなければ何もできない。だがその思いが強すぎるゆえに極端に走りやすい。もしかしたら僕はバカなのかもしれない。ということはその一点さえ治せば健康になれる可能性がある。

ただ残念なことにバカは死んでも治らない。

 

過ぎたるは及ばざるが如し。その言葉を忘れずに生きるしかない。

 

5:絵と漫画の上達 これはリアルに達成したい。そしてpixivを始める。実はすでにアカウントは作ってあるのだ。必要とされてなくても投稿したときはお知らせします。

 

6:デジタル化 iPad proでお絵描きしてみたいという想いはちょっと前からある。iPad proで描いた絵をそのままpixivにアップしたり、ブログに絵を載せたりしたい。現代人っぽくてカッコいい。

 

7:溜まってる未読本や未視聴映画などを観たい これが結構溜まっている。日経サイエンスなんてもう1年分位はある。ウォーキング・デッド6も3話目くらいで止まってるし、オルフェンズも1期の中程で中断している。ほかにも観たい映画がいっぱいある。ヤバい。

 

8:プレイ途中のゲームを進める メタルギア5はプレイし始めてかれこれ1年ぐらいだが、たまーにしかやらないので未だに総合達成率24%くらいだ。GTA5なんて4時間程しか遊んでない。ヤバい。

 

 

 

総括

ここまで書いてきてだんだん恐ろしくなってきた。まだ他にもやりたい項目があるのに、すでに絶望的な感覚に襲われている。怖すぎてこれ以上書くことができない…!時間がいくらあっても足りないじゃないか!

 

なんということだ…。

これに加えて仕事をしなきゃならないんだ。そんなのムリだ。

仕事なんかしたくない。ずっと好きなことをして遊んで暮らしたい。

 

今はっきりとわかった。僕が2017年に本当にやりたいこと。

 

 

「仕事をしないこと」

 

達成できそうもないな…。